Site is under construction
+7 (423) 245 96 96
+7 (968) 165 16 60
Book tour now
c_800_300_16777215_00_images_tours_Siberia_siberia_9-1.jpg
プログラムは以下のことを含みます:
ウラジオストク市 イルクーツク市 ハバロフスク市
第1目の日
• ホテルへの移動
• ホテル/レストランでの朝食
* *ロシア料理

第2目の日
• ホテルでの朝食、チェックアウト
• 中央広場
• 鷹ノ巣(展望台
• ケーブルカー 
• S-56ソビエト潜水艦博物館
• ニコライ凱旋門
• ロシア家族訪問と昼食
•ウラジオストク要塞
• マーケット
• グーム(百貨店) 
• フォキナ通り
• シーフードレストランでの夕食 
• イルクーツク市へ電車での出発

第3,4,5目の日
• 電車での旅行(食堂車での昼食と夕食(ツアー料金に含まれてない)

第12目の日
• ウラジオストク市への到着
• 地元のレストランでの朝食
• ルースキー島(2012年ロシアAPECの施設、ヴォロシロヴスカヤ砲台)
• 地元のレストランでの昼食
• 空港への移動
6目の日
• 朝食
• リストヴャンカ集落 
• バイカル湖クルーズ
• バイカルアザラシ水族館(ショーは木曜から日曜まで)
• 昼食
• 木の建造物のオープンエア博物館
• 夕食+フォークロアショー(予約で)

第7目の日
• 朝食
• ハバロフスク市へ電車での出発
• 食堂車での昼食と夕食(ツアー料金に含まれてない)

第8,9目の日
• 電車旅行或いは飛行機旅行(飛行機の場合プログラムは10日がかかる)
第10目の日
• ハバロフスク市への到着
• ホテルチェックイン

第11目の日
• 朝食
• アムール川クルーズ
• 昼食
• レーニン広場
• ムラヴィヨフーアムー• ルスキー通り
• コムソモール広場
• ハバロフスク地方博物館
• 極東軍事地方の軍事歴史博物館
• アムール小山と博物館
• 夕食
• ウラジオストク市へ電車での出発

見学の詳細情報:
含まれること 輸送, ガイド, チケット, 昼食, 夕食, 最後の日にウラジオストク市での朝食
季節 一年中可能
時間 朝に始めた方がいい
輸送 ホテルと観光地帯への輸送
必要な物 夏:サングラス, サンスクリーン剤, 帽子、傘、防虫剤、飲料水;
冬:柔軟化粧水、リップバーム、マフラー、手袋 
必要な服 天気にふさわしい季節的な服
難しさのレベル 下位レベル
第1目の日私達のガイドはお客様と一緒にホテルに移動して、チェックインすることを手伝います。後で望み通りホテルのレストランか都市のレストランの1つで夕食します。.

第2日目

最初はホテルで朝食します。ツアープログラムを始める前にガイドがチェックアウトすることを手伝います。           

見学を都市の象徴の1つから始めたらいいですね。中央広場(Central Square)は沢山の人の中で人気です。ウラジオストク市民はここでデートしたり、観光客が見学を始めたりする所です。それにこの広場はロシア極東の最大のソビエト連邦の政権を取り合った人の記念碑のおかげで有名です。     
 
後でウラジオストクの一番人気な展望台のオルリーノエ・グネズド小山(Orlinoe gnezdo)に移動します。ここは都市を全て見たり、美しい景色を楽しんだり、綺麗な写真を撮ったりすることができる場所として有名です。景色はどんな時にも素敵ですから忘れられない経験となります。
 
ケーブルカー(funicular)で短い旅行しましょう。5分しかかからないけどサンフランシスコのケーブルカーと比べられるユニークな鉄道乗り物を乗るチャンスです。ロシア極東の唯一のケーブルカーシステムです。新しい経験を貰いましょう。
            
この珍しい旅の後でS-56ソビエト潜水艦博物館を外と中から見ることができます。第二次世界大戦の時使われ、本来の見た目を持ってる区画があるのでとても面白いです。ウラジオストク市に来る観光客が絶対見にきます。珍しい観光地を見るチャンスです。          
 
潜水艦の近くにある大事な歴史的な建造物のニコライ凱旋門(Triumphal Arch)を見ます。ロシア帝国の皇太子のニコライのためのプレゼントでした。ロシア古典的な建築を楽しんだり願を掛けたりすることができる場所です。凱旋門の下に掛けられた願は絶対に叶うとウラジオストク市民が信じてます。
 
ロシア家族と昼食しながらリラックスしましょう。伝統的な家族と知り合ったり、彼らの家を訪問したり、家庭ロシア料理を食べたりことができます。ボルシチとヴィネグレット或いはブリニーかピロシキをいつも食べたかったですか?全ては可能です。                    
 
昼食を終えてから見学を続きましょう。ウラジオストク要塞(fortress)という19-20世紀に作られた強固な防衛施設は次のスポットになります。要塞を建てたときに当時の防衛施設建築の最先端を使用しました。ウラジオストク海軍史の博物館です。この再建された海岸砲台は前に都市防衛に大事な役割を果たしました。ウラジオストク史の一部になりましょう。    
 
伝統的ロシアマーケット訪問をどう思いますか?過去に食べ物と服を買える唯一の場所でした。しかし現在も賑やかです。スーパーマーケットのほうが人気なのに伝統的なマーケットで地元の野菜と他の生きの良い食事を買うほうが好きな人は多いです。        

 
見学を続きましてグーム(GUM)(百貨店)というウラジオストクのもう1つの商店に行きましょう。これは都市と極東の最古の商店だけではなくロシア貿易伝統の後継者です。百貨店の建物は建築記念碑又は都市象徴と思われます。ここで地元デザイナーで作られた服とジュエリー又は化粧品を買うことができます。
 
次、フォキナ通り(Fokina street)で散歩します。モスクワのアルバート通りのようにウラジオストクアルバートと呼ばれます。ここでお土産を買ったり、海の景色と匂いを楽しんだり、快適なベンチにリラックスしたり、鳩に餌をあげたりすることができます。
 
見学を終えたらウラジオストクシーフードレストランの1つに移動します。私達の町はイタヤガイ、タラバガニ、魚卵等のような水産物と美味しいシーフード料理で有名です。ウラジオストクレストランの雰囲気を感じたり忘れられない夕食したりしましょう。
 
晩に鉄道駅(Railway station)に移動します。ガイドはイルクーツクまでの電車を乗るために必要な手続きを手伝って、モスクワのヤロスラフスキー駅とそっくりであってロシア極東の最古のウラジオストク駅の歴史を教えます。

第3,4,5目の日次の三日間イルクーツク市まで移動します。リラックスしたり、本を読んだり、音楽を聞いたり、窓からのロシア自然の景色を楽しんだりするための理想的な時間です。ロシア旅行者のように古典的な電車での旅行を経験できます。食堂車で朝食、昼食と夕食するとご注意ください。食事料はツアー料に付いてません。 6目の日
イルクーツク市(Irkutsk city)に着きまして朝食のために地元のレストランの1つに輸送されます。
    
 
朝食の後でバイカル湖の象徴のリストヴャンカ集落(Listvyanka settlement)に移動します。普通にバイカル地方の自然とこのスポットから知り合います。集落の名前はカラマツの意味をしています。ここに沢山のカラマツがあるからです。ここは近代的なホテル、発達したインフラストラクチャーと自然を組み合わせるユニークな場所です。リストヴャンカ集落で新鮮空気、バイカル湖、カラマツと山脈を楽しめます。
              
バイカル地方の調査を続けるためにバイカル湖でクルーズしましょう。綺麗な水、涼しい陸風と快適なヨットから見れる美しい自然のおかげで忘れられない経験となります。地元の自然について教えるガイドが案内します。
 
バイカル象徴のバイカルアザラシを見ることができます。バイカルアザラシはバイカル湖にしか住まないし別の場所に輸送されられないのでこのバイカルアザラシ水族館はただ1つです。木曜日から日曜日まで開催されるバイカルアザラシの世界唯一のショーを見ましょう。
 
地元のレストランの1つで美味しい料理を食べましょう。ブリヤ-ト(先住民族)の料理或いはシベリア料理を食べるチャンスです。地元のお肉かオームリ(地元の魚)料理を食べたりここで育てられたハーブから作られたお茶を飲んだりすることができます。
 
次、木の建造物のオープンエア博物館という珍しい場所を訪問しましょう。XX世紀の下半に浸入したイルクーツク地方の町と集落の木の建造物を見れます。40以上の建築記念碑とXVII—XIX世紀のシベリア集落での生活を見せる8000以上の出展物がコレクションにあります。
 
多事の日を終えてリラックスしましょう。夕食の時美味しい料理を食べるだけではなくロシアフォークロアショーを楽しむことができます(予め予約で)。ロシアスタイルの夕食しましょう。

第7目の日ホテルで朝食した後でハバロフスク市に出発します。食堂車で昼食と夕食します(食事料はツアー料に付いてない)。第8、9目の日次の二日間をハバロフスクまでの電車に過ごします.
第10日目
ハバロフスク市(Khabarovsk city)に着きましてホテルチェックインします。

第11日目
ホテルでの朝食の後でアムール川でクルーズします。ハバロフスク地方の自然、美しい景色、新鮮空気と川旅行を楽しましょう。
 
ハバロフスク市の調査を続ける前に地元のレストランの1つで昼食して美味しい料理と素敵な雰囲気を楽みます。ロシア料理と歓迎を経験しましょう。
 
その後で都市の中央広場と全ての大事なイベントが行われる場所のレーニン広場(Lenin square)で歩きます。綺麗な噴水、小道、花壇、ベンチと街灯のある素敵な場所です。歴史と建築重要性のある完璧な散歩スポットです。
 
ムラヴィヨフーアムールスキー通り(Muravyov-Amursky street)で散歩を続けます。これは都市の中央に位置してる沢山の歴史と建築記念碑のある通りです。XIX世紀の終わりーXX世紀の初めの革命以前のロシア建築を見ることができます。
 
ムラヴィヨフーアムールスキー通りでコムソモール広場(Komsomol square)という都市の最古の広場の1つでハバロフスク市のもう1つの中央広場に行きます。ここから見えるアムール川の景色で感動します。ウスペーンスキー教会堂と極東内戦のヒーロー記念碑を見るチャンスです。
 
歩いてからニコライグロデコヴに因んで呼ばれたハバロフスク地方博物館という地元歴史の博物館を訪問します。ここで地方の自然、極東内戦、先住民族の歴史他を知ります。自分の目で出展物を見ましょう。           
 
極東軍事地方の軍事歴史博物館も訪問します。数十年前この博物館の建物に軍事機関がありました。戦車、装甲車、武器、防空ロケット等のような本物フルサイズ軍事施設を見れます。
 
後でとてもロマンチックな場所に移動します。アムール小山(Amur cliff)はアムール川の素敵な景色を見たり恋人がデートしたりするスポットです。ハバロフスク歴史博物館と文化センター又はドキュメンタリー動画を見れる「時間遠眼鏡」という施設のおかげで歴史的な重要性もあります。
 
見学が終わってからハバロフスクレストランの1つに移動します。忙しい日の後で休んだり美味しい料理を食べたりしましょう。
 
鉄道駅に移動してウラジオストクまでの電車を乗ります。旅は一夜中がかかります。
第12日目
 ウラジオストク市に戻ってから地元のレストランで朝食します。滋養のロシア料理を食べて新しい日を始めましょう。
 
外国観光客が絶対見に来るもう1つのスポットはルースキー島(Russky island)です。素敵な自然だけではなく、沿海地方水族館、極東連邦大学キャンパスのような2012年ロシアAPECの施設で有名です。ヴォロシロヴスカヤ砲台というユニークな防衛施設もここで見れます。
 
空港に行く前に都市のロシア料理レストランの1つで昼食します。もう一度健康的で美味しい料理を食べましょう。    
 
昼食の後でガイドと一緒に空港に移動してチェックインします。
 

Experts of the inbound department:

Valeriia Litvinenko
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Daria Desiatykh
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Tel.: +7 (423) 245 96 96

私たちのサービス

弊社のパートナーになりたい場合

有用な情報
FAQ




Currency RUB
USD  
EUR  
CNY  
JPY  
Vladivostok time:
7 Aug 04:18

Contact us

You can book your tour here or just contact us. We will respond you asap.