Site is under construction
+7 (423) 245 96 96
+7 (968) 165 16 60
Book tour now
c_800_300_16777215_00_images_transport_train-rzd.jpg シベリア鉄道は世界一長い鉄道です。長さは9289キロメートルで8つの時間帯を横断します。モンゴル国、中国と北朝鮮に支社があります。メイン鉄道線は1916年からモスクワとウラジオストクを繋いでいます。2つ目のトランス満州主要経路はチタ市から東方に始まるし、ウラジオストクまでの一番短くて古い経路です。第3目はウラン・ウデ市と中国の済寧市を繋ぐトランスモンゴリア経路です。

シベリア鉄道は1891年から1916年まで建てられました。皇帝のアレクサンドル3世と彼の息子のニコライが定めた担当者は建築を監督しました。面白いことですが、ロシア帝国のニコライ皇太子は世界中旅行の終わりに日本とロシアを訪れた時に極東でシベリア鉄道を建てることにしました。

現在、シベリア鉄道はロシアとロシア国民にとって大事な役割を果たしています。沢山の外国の観光客にとって面白いし、ロシアで旅行するためによくロシア人で使われます。ロシア中で色々なタイプの貨物を輸送するためによく使われるので、経済重要性も持っています。

私たちのサービス

弊社のパートナーになりたい場合

有用な情報
FAQ




Currency RUB
USD  
EUR  
CNY  
JPY  
Vladivostok time:
18 Aug 06:26